ダイビングスクールなみよいくじら(www.namiyoi.com)のせきちゅうが、ダイビングのことについてうんちく好き勝手語っちゃいます。不定期ですのであしからずご了承ください。


by namiyoi3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

今日は 減圧手順コース

仮想シーリング と言って浮上できるのに 浮上できない 仮想的な頭上が閉鎖された状態...
つまりは 減圧潜水時には そういう状態が起こるわけで 何かあれば 水面に出たらいいやん という 減圧不要限界内(無減圧潜水範囲)ではない場合に 必要と思われる スキルを身につけ 器材にも色々と工夫し また DSMBや リール スプール デコボトル ガススイッチも含めて 減圧潜水時に身につけておくべき スキルを 身につけられるコース
これが 減圧手順(ディコンプレッションプレシージャーズ)ダイバーコースです(^。^)。

略して DCPコース。

終了後には 減圧不要限界内ではなく 減圧潜水に関しても 自己責任で 行うスキルが 身についてきます。


今日は 基礎的なスキルのトレーニングを 古座で 行ってきました。
減圧中 水深の維持というのは必須なわけで
中性浮力を取りながら 様々なトラブル発生時にも 維持できるかの練習をして行きます。
目標は プラスマイナス50cm。

中性浮力で マスク フィン シリンダーの脱着 エアシェア パワーインフレータ異常等々の対応をしていきます。もちろんバディ思考であり 余裕度が必要になってきます。
はじめはうまく いかなくても 少しづつ上達して行きましょうね〜\(^^)/

お店に帰ってからは
減圧障害疑いの場合の 神経チェックの方法を 練習
a0104720_23433131.jpg


ルレットを使った 痛み違和感探しや 冷感チェック 筋力 聴力 視力 意識チェック等々 あれこれ 違いを探して行きます。

実験台には 最適?と思われる人物でw
どの場所が 鈍いかを探して行きます(^ ^)

とそんなこんなの こだわりコース、受けたらわかるその必要性(^ ^)

高度な知識 スキルを 身につけて行きますよー\(^^)/
で エモンズや 陸奥 様々な レックのペネトレーション 減圧潜水で 行きますか!^_^

トラックバックURL : http://namiyoi3.exblog.jp/tb/23851897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by namiyoi3 | 2017-04-30 23:26 | Trackback | Comments(0)