ダイビングスクールなみよいくじら(www.namiyoi.com)のせきちゅうが、ダイビングのことについてうんちく好き勝手語っちゃいます。不定期ですのであしからずご了承ください。


by namiyoi3
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:テックダイブ( 22 )

11/18(土)
12/2-3(土-日)
12/16-17(土-日)

の日程で アドバンスドナイトロックス、減圧手順(ディコンプレッションプレシージャーズ)、エクシテンドレンジのCOMBコース(テック50取得同時開催可)を行います。

ご興味ある方は せきちゅうまで

バックマウントダブル テックサイドマウントスタイルなどどちらでもOKでーす^^



by namiyoi3 | 2017-11-02 22:33 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
今日は Mさんの TDIアドバンスドナイトロックスダイバーコースでした!
他団体でナイトロックスは取得されておられましたが、
しっかりと奥深くナイトロックスの基礎から勉強しなおしたいということで
ナイトロックス&アドバンスドナイトロックスの合体のコンボコースでの開催でした(*^。^*)

a0104720_21361833.jpg


明日 串本で、最終日! 窒素の洗い出しをしっかりしrて、すっきりリンで 浮上しましょう^^

安心度がハンパないですよね^^
by namiyoi3 | 2016-07-23 21:39 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
7/6-7で行ってきました京丹後。

今まではタンクをつけて潜ってましたが

今回はスノーケルで いけるのか大作戦です!

とはいえ やっぱりタンクをつけて潜りたい!ってことで サメの生息調査も!


で やはりいます。ドチザメ。

大きいのは撮影できなかったのですが ちっこいのが おとなしくじっとしてくれました^^
a0104720_226131.jpg


動画はこちら 5分10秒
洞窟の中の様子がわかります^^

a0104720_22395390.jpg


洞口付近には 差込む光とアジの群れが幻想的でした


半水面洞窟なので 水面も今回は本格的な調査です。
今までは 水面には 海藻類がわんさかとあって 水面移動ができなかったのですが、今回はそれを 掃除するつもりでいったら なんと 海藻類ほぼゼロ!  

めっちゃスムーズ!

a0104720_2241550.jpg

せまいところが一部あって 潜らないといけない と思っていたところは 意外と 顔を出したままでも通りぬけができるという スノーケルに少し慣れていれば 簡単にいけることがわかりました。

ただ 洞窟が 水面に向かってひょうたん型になっていて、潜っていると浮上できない場所もあり、注意が必要なのはわかりました!が、今回データに落とし込むので 

9月初旬ごろに行う モニターツアーが楽しみです!
詳細は今から詰めますが 参加可能人数は 限定10名。たぶん平日。
参加資格は 50本以上の自己責任で潜れる方で (MSDやDM以上優先)と考えております。
われこそは という方 せきちゅうまでご一報くださいませ。


翌日は 定置網観察ダイブ調査!

一風変わってるでしょ?ww
a0104720_2247910.jpg

a0104720_2248838.jpg

a0104720_22562831.jpg

a0104720_22491469.jpg


潜る予定だった時間は 流れが強くて からまったらあかんので 少しあとに行くと 潮もほぼ止まっており
潜ることができました。

さすがに初心者さんは無理ですが、芸術的?ともいえる 仕掛けを 水中で見るという何とも不思議?な
ダイビング。次回のモニターツアーでも ここに潜っていただこうかと計画中です^^
by namiyoi3 | 2016-07-08 22:52 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
7/2(土)は TDI減圧手順コース アドバンズドナイトロックスコースも終了されてるので 今回はボトムガス一本だけでなくさらに一本。 そしてデコ(減圧用)ガスも使う 3ミックスに挑戦です。

重いダブルタンクではなく シングルタンクを背中に、あとは サイドに一本づつを 水中では軽いアルミタンクという装備ですので 楽ちんなテックダイブです。
a0104720_21385495.jpg


a0104720_21414076.jpg


セカンドダイブでは、 沈船を発見!
a0104720_21442585.jpg


最後は アマモ場で癒しダイブ^^
a0104720_21454867.jpg


ということで K様!DCPコースも無事に終了!  おめでとうございました!

で 次は!ww  サイドマウントに挑戦されます! 楽しみましょう~♪
by namiyoi3 | 2016-07-08 21:48 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
TDIアドバンスドナイトロックスダイバーコースとTDIディコンプレッションプロシージャーズダイバーコース。

ADNXとDCP こうやって書くと楽チンですがww

これらのコースは それぞれ 一つづつでも受講できるし 今回のように コンボと言って 両方いっぺんに受講もできちゃいます。

コンボコースは 一部の重複分を合算してコース開催ができるので 最低必要日数もすくなくもできちゃいます。(コース費用もちょびっとお得にも^^)

もちろん 規準達成ベースなので 最低日数で終えなければ 追加で学ぶこともできますけどね^^

そんなレクチャーの真っ最中に 届きました!

PADIサイドマウントダイバー認定証!
a0104720_234074.jpg


おめでとうございます!

サイドマウントを修了されているので ADNXやDCPコースもサイドマウントで実習ができますね^^



本日はADNXの学科修了! 減圧潜水計算のアプリも使いこなし 実習が楽しみですね^^
by namiyoi3 | 2016-06-22 23:06 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)

音海でサイドマウント

今日は音海に行ってきました。
サイドマウントで遊ぼうってことで^^
a0104720_0472672.jpg


Hさん ずいぶん慣れてこられましたね^^

自信がついてこられたのか、

帰り際に「テックに進みます!」ww

手軽にってことで

アドバンスドナイトロックスから。

加速減圧や酸素窓のお話もして、


て思ったら なんと減圧手順(ディコンプレッションプロシーダー)コースとのコンボ講習にお申込み!

a0104720_00444170.jpg

同時受講で 一気にいっちゃう?(^ ^)


わくわく 楽しみですね^^
by namiyoi3 | 2016-06-06 00:43 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
テックダイバーたちと 相談して 次潜る場所は深いのでどうせなら今度のテックダイブは ヘリウムまぜてトライミックスで潜ってみようかということで
トライミックス体験やってみました^^

となると 準備がいります。

まず充填。
a0104720_16112886.jpg


テックダイブは 水深によってガスの種類を変えていきます。

今回は
トライミックス(ヘリウム+酸素+窒素)
EAN28(ナイトロックス=酸素+窒素)
酸素(100%酸素)
の3種類です。

2日間潜る予定なので たくさんになりました^^;
a0104720_16134973.jpg
 

腰にやさしく 今回は シングルバックマウント♪
そして 11Lアルミを第二深度(-40M以浅)で使い
酸素で減圧(-6M)です。

a0104720_16162746.jpg


準備し ディープな世界へ!

a0104720_1617790.jpg


今回のミッションは 2013年にー45m仕込んだ 日本酒の回収です。
海に沈めておくと お酒がめっちゃまろやかになっておいしくなるんです。

で、ガサゴソ 水深45mで探し!
a0104720_16183416.jpg


見つかりましたが!
a0104720_16191595.jpg


ガーン!

アルミのねじ込むタイプのふたは キレイに溶けてなくなってました。。。

以前 久米島のヒデンチガマに置いたときは、コルク栓でしたが アルミのふたはだめでした!

残念! でも ディープは楽しみます^^

トライミックスは 窒素などのような麻酔作用が無いようにヘリウムを混ぜるので
-45m付近でも まったく酔わず、あたまはくっきりすっきりです。
まるで10m以浅に潜ってるような感覚です。水深計をみれば深い!^^

もちろん 時間管理はしっかりします。手首に巻くスレートに計画を書き込んで 何分経ったら上がるのか
全員で把握しています。

その前に記念撮影^^
a0104720_16231814.jpg

 
第二深度でも、18分遊んで^^

a0104720_162426100.jpg


浮上開始です。
a0104720_16235741.jpg


a0104720_16261750.jpg


2日目の古座は 海況悪いってことで 急きょ中止し、お店にもどって
サイドマウントBCをあれこれ品定めww
a0104720_1628162.jpg


そして最後はうちあげです!
a0104720_16271962.jpg


体験トライミックス大会 完了~^^

みなさまお疲れました&ありがとうございました!ヾ(@^∇^@)ノアリガトー♪
by namiyoi3 | 2016-04-03 16:24 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
今日は Kさんと アドバンスドナイトロックスダイバーコースの学科講習〜(^ ^)

40パーセントまでの酸素比率が使えるエンリッチドエアー(ナイトロックス)ダイバーコースの次のコースにあたるこのコースは 100%までのナイトロックスを使う為の基礎知識を学びます(^ ^)

このことから
オキシゲンウインドウ効果を最大にでき 窒素の洗い出しが大きくなる多大なメリットを享受できるのですが

限界時間のミニマムが 窒素がもたらす影響下によるものから 酸素に変わるので酸素曝露時間を学んだり 加速減圧 圧力勾配 など 物理的なことも 解説していきます。

今回は お忙しくて 予習がままならずでのお越しなので ゼロベースで お話し中(*^_^*)

そんなお勉強もして かしこ〜くなりましょう!?w(((o(*゚▽゚*)o)))


a0104720_15331659.jpg


by namiyoi3 | 2016-03-20 15:08 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)
洞窟女子たちと 行ってきました^^ カバーン実習。

ラインワークも 視界不良時の脱出などの緊急手順もトレーニング^^

a0104720_19144795.jpg



カヴァーンも楽しみました!


a0104720_19173038.jpg


カヴァーンダイバーコースの初日!楽しみながら課題も見つかりましたね^^

お疲れ様でした!ヾ(o´∀`o)ノ

これからも よろしく お願い お穴します~ヽ(´∀`。)ノ
by namiyoi3 | 2016-03-18 19:17 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)

「酸素耳」の怪!?

っと書くと、なんだか恐ろしいが(笑) 恐れることはない。
筆者が怖いのは見たこともない、そして信じてもいない「お化け」であるが、信じてないくせにお化けを怖がり、不気味な場所に行くと、襲われても殴りかかれる「構え」をしながら通過していったことがあることを白状します。

そんな前置きは置いといて


「酸素耳」=「オキシジェン・イヤー」ともいいますが今回はそれについてちょこっとうんちく^^


酸素ガスを使ったダイビングと言えば

アドバンスドナイトロックス

テック45などのコースなどでその使い方を学んでいきます.


安全停止中や減圧停止中に100%酸素を6M以浅で吸って 体内にたまっていった窒素を効率よく輩出する「加速減圧」を行うことが 広まってきています。

減圧症患者の増加とともに、加速減圧は有用性が認識され、とても効率的に窒素を洗い出し減圧症のリスクを抑えるだけでなく
人によっては「浮上後の体が楽」であったり、「あたまがすっきりする」「老眼が一時的に改善」とかクウキ潜水だけのときの「体のだるさがない」だとか のうれしい副作用?もあったりもします。

厚生労働省のなどでも 潜水士の作業中の酸素利用も、法律的にもOKにしようなどと、 酸素利用に関して益々普及していく方向にあります。

加速減圧による窒素の洗い出し効果の中身については、既出の記事に任せておきますが


今回は聞きなれない「酸素耳」のお話。
理屈はカンタン。

高濃度の酸素を吸うと 結果的に中耳内も高濃度の酸素になってくる。

すると 中耳内の薄い粘膜や毛細血管から 酸素を取り込み 中耳内が陰圧になるってこと。

陰圧になって違和感が出ている状態が 「酸素耳」=「オキシジェン イヤー」と呼びます。

中耳が陰圧になって不快感が起こったら ダイバーは「耳抜き」して不快感を取り除きますので、すぐに元通りになりますので 中耳内酸素による陰圧を意識しにくいのですけどね(*^。^*)


もちろんこの耳抜きは 安全停止中や減圧停止中など 水深がまったく一定であったとしても 中耳が陰圧になって

「圧平衡」をしなければならない ってことになりますので、水深の変化による耳抜きではない、ということです。

ということは浮上後であっても 中耳内に「酸素」が満たされていれば 同じように 酸素を取り込み 陰圧になるので 圧平衡したくなるってことになります。

せきちゅうもこの酸素耳よーく経験があって 水面に上がってから陸上にいるにもかかわらず 鼓膜が内側に押され(まさに潜っていくときと同じように 耳抜きをするんです。フンフン フンフン耳抜きしますw

ま、だからといって 耳抜きをすれば 耳の違和感は取れるので それ以外 大きな問題はないといわれているので 心配はないかと思いますが、

加速減圧してる方、これからちょっと ちょっと意識してみてください。

今の耳抜き、酸素耳的な圧平衡?(笑)


※酸素耳になったとしても 中耳内を また外圧と同じ圧のクウキで満たせてやれば 酸素耳効果はシューリョー  またはそのうちもどる、

※本によっては酸素耳が起こるのは100%酸素使用時のみと書いていますが 経験則では80%酸素でもうっすらでしたが「オキシジェンイヤー状態」がありました。クウキや 32%.36%くらいでは酸素耳(オキシジェン・イヤー」にはならないと思われています。 
by namiyoi3 | 2014-02-03 13:28 | テックダイブ | Trackback | Comments(0)