ダイビングスクールなみよいくじら(www.namiyoi.com)のせきちゅうが、ダイビングのことについてうんちく好き勝手語っちゃいます。不定期ですのであしからずご了承ください。


by namiyoi3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:エンリッチドエアー( 7 )

クウキと純酸素の間の酸素比率のガス、つまり酸素比率22%~99%(実質99%は純酸素扱いではあるが)いわゆるエンリッチドエアー(ナイトロクッス)と呼んでいるのですが

エンリッチドエアー(ナイトロックス)で潜るとすると、窒素が少ない分、酸素が多いわけです。

窒素が少ないから 体内に溶ける窒素も少なくなり、その分長くもぐれるとか、クウキを使用するダイバーと同じ水深に同じ時間だけ潜っていたとしても、エンリチドエアダイバーは、体内に溶解する窒素が少なくなる

とか、

体が楽チンとか メリットが多大でエンリッチドエアでのダイビングは 人気もはあるのですが


酸素(比率)が多くなればなるほど、深く行くと酸素中毒になる可能性が上がってくるので

酸素比率によって、それぞれこの水深までにしておきなさいという酸素最大水深=MODというのが決められておりまして

たとえば PADIや主なテックダイビング団体TDI、IANTD等、またはNOAA(アメリカ海洋大気局)などは

クウキ(酸素21%)では、 最大66mまで、(できれば56mまで)の水深まで、100%酸素の場合だと、最大6m(できれば4m)までにしないと、酸素が濃すぎて酸素中毒になる

と警告しています。(窒素の問題はここでは無視している)



つまり酸素中毒にならない酸素分圧を決めて、そこから水深を出して それまでの間で潜ることが大前提になっているわけです。

そして窒素の問題の制限を決めていくわけですね。(減圧不要限界やテックの場合は減圧時間も)

その酸素の比率による最大許容水深を導き出すにはダイビングコンピュータにに酸素比率を入れれば、勝手に最大可能水深は表示してくれるし 電卓があればというまに計算してくれるんだけど、

早見表があっても楽チンちゃうん?と探してみたが、ごっつい教材に掲載してる以外にはどうやらない。。。

なので作ってみました。
a0104720_23531280.jpg


※1 潜水物理&エンリッチドエアー(ナイトロックス)ダイバー認定が最低限必要です。
※2 100mを潜るときの水深も書いてますが、酸素比率がクウキよりも低いし、その他を窒素ばかりだと不活性ガス酔いも大変なのでトライミックスダイビングの知識が必要。
※3 酸素比率40%以上は アドバンスドナイトロックスの知識が必要。
※4 コレだけをみて潜るのはオススメしてません。計算ミスあったらごめんなさい。

数字弱い方は、コレみたら余計にややこしくなるかも知れませんが そうならダイビングコンピュータに入力するだけで使えますんもでご安心を。

もちろん、この酸素最大水深(MOD)が分かっただけでエンイッチエアーが使えるわけではありませんが
その他のリスクやメリットを理解したうえで、最大深度が早く出せれば、ま、楽チンかなと。

自分用に作ってみました。

はいすっきりー♪

注)MOD=(Maximum Oxygen Depth)は
酸素最大水深、酸素許容限界深度 などとと訳されてます。
by namiyoi3 | 2013-03-30 00:19 | エンリッチドエアー | Trackback | Comments(3)

値下げ〜

a0104720_1629297.jpg

ツアーでなナイトロックスを使用いただく場合には1575円のアップ料金をいただいていましたが、値下げしようかと考えてみました。(期間限定、試用期間、持ち込み不可エリア以外ですが)

ツアーでのナイトロックス使用時のアップ料金→1575円→1050円に変更して〜


たくさんナイトロックスを使いたい方には

ナイトロックスメンバー割を新設したりして〜

ナイトロックス9回分アップなしメンバー(¥7000/年)
ナイトロックス14回分アップなしメンバー(¥10000/年)
ナイトロックス20回分アップなしメンバーなど(¥14000/年)
¥24000/年でアップ料金なしで無制限使い放題メンバーなど!

使う頻度によってお気軽に使っていただければと思って新設することにしました!

大量になれば供給追い付きませんのでメンバー枠には限りをつけよかと。
ご興味あるかたはおはやめにお問い合わせしてもらうようにせなあきませんわ〜!


(上記のナイトロックスとはエンリッチドエアーナイトロックス酸素比率40%以下でございます)

どうぞご利用下さい。 枠と期間に限りあるのでおはやめに!

さ、レギの整備しよ♪


※ 常連様Tんちゃんとの話し合いの結果、ナイトロックス無制限メンバーを 構想30000円→¥24000に変更しました!4/8 21:10
by namiyoi3 | 2012-04-08 16:29 | エンリッチドエアー | Comments(0)
ご報告の時間がやってまいりました。


日本にナイトロックスが入ってきてもう13ー4年?結構初期のころから携わってきまして、それなりに普及しつつありましす
当時より状況は変わってまいりました。

で、しかし普及率はまだまだです。

日本は遅れてる・・・・

でも少しでも先進的に!
ってことで



ずーっと欲しかったエンリッチドエアーナイトロックス充填設備」・・・・・

いよいよ・・・・

なみよいいくじらで

買っちゃいました(*^。^*)


今までのせきちゅうの買い物の中で おうちの次に高額だわ!えらいこっちゃでございますが

鼻血ぶーもんですが!

でーもー!!

きっと、お役に立てるはず!

導入は来春です!!


自社充填が出来るようになります!
ショップとしては関西初!
どうぞお楽しみに!
by namiyoi3 | 2011-11-25 00:11 | エンリッチドエアー | Trackback | Comments(0)
こんばんはせきちゅうです。今日はみなさまお待ちかねのせきちゅうあいさつの前置きがありません。残念ですがあきらめテンクロスジギンポ。はいしっかり滑りましたね。わかってって書くのがオヤジ力といいます。さすがですね。


昨日は脱線して、ガスの種類を書きました。



さて一昨日&昨日も

タンクに充填されているガスをレギュレターから吸うと
ガスは肺の中に入り、肺の中にある肺胞を通して血液に溶け込む。
肺の中の血液に溶けこんだガスは血液を介して全身の組織にまわります。

と書きました。

これ、


重要です。

みなさんオープンウォーターダイバーの時に習いましたが人によっては 大多数の方がww
すっかり忘れてることかと思います。あーあ。

ヘンリーのほうそくです。

はい、ややこしいですね。
ややこしい人は下記を読んでいただければ分かる人は分かります。


http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1110897211

しかしそれでも 読んでいてもわからない方で、

よけいわからんわ!と
半怒りにになったとしてらすみません。


「成功とはあきらめないこと」

「私は失敗しない。なぜなら 成功するまであきらめないからだ。」

といった 偉い人になった気分でどうぞいてください。

なみよいくじらが 必ず味方します!!! もう宗〇チックになってきましたね!やばいです(笑)


ま、でも 
今は文明の利器 ダイビングコンピュータがありますから、その使い方をしることで、

カンタンなことから徐々に理解度が広がってきますので、お楽しみ下さい。

ダイコン(ダイビングコンピュータ)があれば、なんとかなります。

あー幸せです^^


ではコメントは ツアー三昧の日々がなくなったころにゆっくり書きます。
もしくはなみよいくじらにお問い合わせ下さい^^

なみよいくじらの エンリッチドエアー(ナイトロックス)ダイバーコース、合格率は100%を誇っていますのでご安心下さい^^

では^^
by namiyoi3 | 2011-11-23 22:52 | エンリッチドエアー | Trackback | Comments(0)
「情熱ホルモン」に行ってきました。最近は「テッチャン」が大好きになりました。ちなみにぼくはテッチャンではなくヒロチャンです。そーいえば「そんなヒロシにだまされて」という歌がありましたね。
あの歌が流れてると、「へへへへ」 と指差されたことが幾度かありますが元気ですこんばんはせきちゅうです。

今日は良い子のための誰でもわかるエンリッチドエアーナイトロックス講座③です。

準備はいいですか?歯を磨きましたか?風呂は入りましたか?どっどっドリフのだいばくしょー♪

さて
タンクに充填されているガスをレギュレターから吸うと
ガスは肺の中に入り、肺の中にある肺胞を通して血液に溶け込む。
肺の中の血液に溶けこんだガスは血液を介して全身の組織にまわります。


というのが昨日書きました。

さて、ひょっとして 「ガス」というと、違和感がある方がいらっしゃればいけませんので念のため書いておきます。


ガス  つまり気体です。

ダイバーが吸うガスはタンクに詰まってる、充填(じゅうてん)されているのですが

タンクの中のガスの種類は、次の5つがあります。


クウキ


エンリッチドエアー(ナイトロックス)


酸素(オキシゲン)



トライミックス



ヘリオックス


この5つで、実質99.99%は占めるでしょう。

他に吸入用ガスって、何かあるかナァ? 思いつきません。



それでは解説です♪

☆クウキ

クウキは 空気です。いつも身の回りにある気体です。
クウキには 約79%の窒素と約21%の酸素があります。
この気体を、そのままタンクに入れるとクウキタンクになります。
日本のタンクには肩口にあり刻印を見ると 「AIR」という文字が刻印されています。

リクリェ-ショナルダイビングで日本でのクウキタンクの使用率は どうでしょう、95%くらいでしょうか。もっと高いかなぁ?

海外での先進的なダイビングサイトでは、クウキタンクの使用者はほとんどなくなってきているというエリアも存在してきていると聞きます。

せきちゅうの友人のモルディブクルーズで、エンリッチドエアーのタンクのサービスを始めたら、ぼぼクウキタンクのリクエストがなくなったとのこと。そりゃそうかもしれません。


すぱっと切り替えてぱっとまわりのクウキを明るくしたいものです!!



☆エンリッチドエアー(ナイトロックス)
エンリッチドエアーと言ったり、ナイトロックスと言ったり、エンリッチとだけ言う人もいます。はたまたエンリッチドエアーナイトロックスといったりその頭文字をとってEAN(イーエーエヌ)とかEANX(イーエーエヌエックス)言ったりもします。

それらの言葉を忘れたら クウキより酸素がちょっと多いガスが詰まったやつ といっても、伝わるでしょう^^

ミックスガス(混ぜてるからね)っていう人もいますが、そう呼ぶとヘリウム混合のガスもミックスガスですから混同しますのやめておきましょう。



あ、そうそう肝心なことを言い忘れました。
EANXをイーエーエヌエッキスといったら お年寄りの中には喜ぶ人もいらっしゃるかもしれません。エッキス~!(叫ぶ)


呼び方は以上ですが タンク内に詰まってるガスが、 クウキより酸素がちょっと多く入ってるガスになってるのが一般的でして、

酸素比率は 32% 窒素が68%
であったり 酸素が36% 窒素が64%
であったりします。酸素を何%にするかは使用目的の違いで、最終的には「使う人」が決めます。
何%がいいのか、何%の酸素ならどのくらいの行動範囲で潜れるのか、減圧不要限界はどうなるのか、
などをエンリッチドエアーダイバーコース(=ナイトロックスコース)で学びます。

タンクの刻印は AIR+O2 やN2+O2とあります。

さて比率で大分類すると

二種類にわかれます。

・スタンダードなナイトロックス(40%までの酸素比率のガス残りは窒素)



・アドバンスナイトロックス(41%以上の酸素比率のガスで残りは窒素)

に分かれます。


クウキの説明のところで書きましたが 海外での先進的なダイビングサイトやナイトロックスの準備が出来るクルーズ船などでは、クウキの使用者がほとんどいなくなる代わりに、エンリッチドエアーナイトロックスの使用者ばかりになって来ています。
それらはほとんどは スタンダードなエンリッチドエアーナイトロックス(40%までの酸素比率のガスで残りは窒素)です。

使い方としては、今までの 背中に担ぐタンクをクウキタンクではなく エンリッチドエアーを担ぐスタイルが一般的です。

クウキに比べて、体がラク 帰りの運転が眠たくない あたまがすっきりする 頭痛がなくなった 目の前が明るくなった、などと体感する方も多いです。
もちろん クウキで潜るより エンリッチで潜るほうが 減圧不要限界(無減圧潜水時間)が長くなったり、体内窒素飽和量が少なかったりしますので体感せずとも 安全性はUPします。





アドバンスナイトロックス=41%以上の酸素比率のガスで残りは窒素
になってくると、背中に担いで メインガスとして使うというよりは、
安全停止や減圧停止中に吸うことが多くなってきます。
たとえばクウキタンクでの底のほうまで潜って、浮上中の安全停止時(-5Mで3分などなど)に80%酸素比率のガスを吸うとかです。
体内に溶け込んだ窒素を気泡化する前に効率よく排出します。加速減圧と呼んだりします。



酸素(オキシゲン)これも、アドバンスナイトロックスと同じような使い方をすることが多いです。
また減圧症になったりその疑いがあったり、溺水したりしたときの応急手当にも酸素を使うと、回復効果が高いといわれています。
最大水深は6mであるべきで、それより浅い場所で使用します。

酸素は比較的入手しやすいガスですから
設備などがなくナイトロックスが手に入らないとか入りにくい場合に、酸素100%を使って、体内窒素の排出を行なうことが増えてきています。
ナイトロックスが手に入りにくいエリアの一部先進的なショップやダイバーが、酸素を準備して、使用しています。

タンクの刻印にはO2とあります。



下記はヘリウム混合です。

☆トライミックス
酸素と窒素とヘリウムを今混合させているガスのことです。

テレビCMでやってる家庭教師のトライをミックスしたものではありません。

主に、窒素酔いを防止したり はたまた 酸素中毒を防止したり はたまたその両方を防ぐためにだったりしながら
大深度潜水をするときに使います。
50M以上深く行くときに使うと効果はでかいです。
窒素酔いしやすい人は40m以深でも35m以深でもちろんかまわないです。

使った感じですが ぜーんぜん窒素酔いしません。頭の中は鮮明です。
コレを吸ってしゃべると 声が変化して楽しいです。
でもヘリウムは熱を奪うのがちょっと大きいので、寒くなりやすいです。

テクニカルダイバー向けですね。リクリエーショナルダイバー(40mまでを楽しもうって方)は、トライミックスは使う必要性があまりないかな。



ヘリオックス

これは、ヘリウムと酸素だけをまぜたガスです。窒素はない。

んー?トライミックスと同じ目的で使ってもいいですが、ちょともったいない?
あまりつかわないなぁ。

ヘリウムって高いんですよね。 トライミックスで大き目の14リッターのWタンクに詰めると、ガス代だけで、なみよい価格ですが33600円です。かかっちゃうんです、ひょえー ですね^^;


さて!

ダイバーが使うガスのことがいろいろ分かったところで、昨日の続きは明日!いや あさって書きますね。

お疲れ様でした。明日はお店おやすみです^^

では。

ババンババンバンバン!
歯を磨いて~ お風呂はいっって~  


今日一日に感謝して、おやすみなさい(^^♪
by namiyoi3 | 2011-11-21 22:16 | エンリッチドエアー | Trackback | Comments(0)
こんばんは。今日は海洋環境活動の一環であるアマモ場再生活動の全国各地域の団体が一堂に集まって活動や研究発表をする全国アマモサミットでした。閉会のあいさつをしなあかんくて緊張しましたわ。全国から190名の方々がお集まりいただき大盛況でした。ありがとうございました。
それはそうと今日のせきちゅうの泉はエンリッチドエアーナイトロックスの続編です。

ダイバーは深くいけば密度の濃いガスを吸うことは昨日述べました。



密度の濃いガスを吸えば
密度の濃いガスが肺の中に入ります。


肺の中に入ったガスは肺の中の肺胞を通して血液の中に溶け込みます。

圧力が高ければつまり水深が深ければ深いほど密度が濃くなり濃ければ濃いほど血液に溶け込みます。




血液に溶けこんだガスは血液を介して全身の組織にまわります。




ということで

つづきは明日〜(*^.^*)
by namiyoi3 | 2011-11-21 00:53 | エンリッチドエアー | Comments(0)
エンリッチドエアー。
ナイトロックスともいいますけれども^^


ダイバーが潜るときにタンクを背負うわけですが

そのタンクには日本での一般的には
普段我々が吸っているクウキがつまっているわけですが

経験を積んでいったり,きち~んと学ぶと
クウキタンクより
エンリッチドエアー(ナイトロックス)がつまったタンクの必要性・重要性がよーくわかってきます。


わからずに無計画で潜って減圧症になって東京まで治療にいくのは大変です。

せっかく楽しいダイビングライフが台無しです。




今日はせきちゅうの泉読者様限定で!(^^♪

誰でもわかるエンリッチドエアーナイトロックスのお話しをしたいと思います。

なぜ世界の常識で日本は普及が遅れてるのかもシリーズ後半お話しします。


遅れてるかもしんないけど、でーも~
なみよいくじらはやりまっせ〜!お手軽に安全性の高い、体も楽チンな
エンリッチドエアーを供給するべく〜!(*^o^)/\(^-^*)




で〜は〜


はじまりはじまり〜


クウキには
窒素が約79%あります。それがつまってるタンクを背負ったダイバーが水深を下げていけばその窒素の濃さがどんどん上がってきます。

一気圧中つまり大気中(陸上平地)であれば1気圧中0、79比率の窒素(酸素は0.21比率です)になるわけですが
水深10メートルだと窒素はその倍の1、58の濃さになるわけです。

深くいけば圧力(水圧)があがりますよね。

もちろん濃くなってきますね。密度が上がるというほうがいいかもしれません。



さらに水深20メートルで吸ってると 圧力(絶対圧力)は大気圧の3倍なので窒素の濃さも3倍になるわけです。


比率と圧力(絶対圧力)を掛けるとその水深で吸うガスの濃さがわかるのですが、そうやって比率と圧力(絶対圧力)を掛け算してでてくる単位を分圧と呼んでいます。

水深20メートルの窒素の濃さ(窒素分圧といいます)は2、37分圧あります。

つまり濃い濃い〜

体にたまるべく窒素の濃さがこくなればなるほど
たまーるたまーる~。

ここまではおわかりいただけますでしょうか


では楽チンエンリッチドエアーナイトロックス講座第一回めはおわり〜



つづきは明日〜
by namiyoi3 | 2011-11-19 21:17 | エンリッチドエアー | Comments(0)