ダイビングスクールなみよいくじら(www.namiyoi.com)のせきちゅうが、ダイビングのことについてうんちく好き勝手語っちゃいます。不定期ですのであしからずご了承ください。


by namiyoi3
カレンダー

カテゴリ:これからダイバー( 7 )

新デザインカード登場。

300枚特別期間限定だそうで今あるカードの再発行専用とのこと。記念にって方、ぜひなみよいに^^
a0104720_00191849.jpg

by namiyoi3 | 2017-02-25 00:27 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)
今日は ダンゴちゃん(ダンゴウオ)と会うツアー! IさんとKさんのご参加で
そこに便乗して
ナビゲーションSPとマルチレベルSPのインストラクターコースで 行ってきました。

MGちゃんは サイドウマウントスタイルです^^ もちろん せきちゅうも^^

a0104720_23185077.jpg

せきちゅうは完全防備^^ 寒いのいやですからww  快適でした^^

a0104720_23191434.jpg


ナビSPIは セクスターを使って 複雑なナビも簡単♪
a0104720_23195731.jpg



肝心の ダンゴちゃんは うじゃうじゃいましたww

a0104720_23212580.jpg



a0104720_23214353.jpg



ちっこいですねー^^ いつみても やっぱりかわいい^^
好きすぎて 12度の海で つい60分越え(笑) 

SPIもばっちり ダンゴもばっちりで大満足でした^^

a0104720_23232720.jpg

by namiyoi3 | 2016-03-19 23:26 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)
PADIから連絡があり 動画のCMを作ったんで、見てみてー とのこと。 

こんなん作っちゃうんだー。やるねー♪
次は、自作バージョンで ダイビングするなら 「松原のなみよいで~!」ってやってみますか(笑)  目指せ地元に愛されるお店♪ です^^


by namiyoi3 | 2014-07-08 20:25 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)

白浜 色津

色津のアーチの中
a0104720_21551268.jpg
a0104720_21554525.jpg

a0104720_21565996.jpg


フルフェイスマスク!かっこいい!ほしくなりました。しゃべれるし^^
a0104720_2156519.jpg

実は私、フルフェイスマスクインストラクターっていう資格、2004年にタイで取りました^^TDIです^^


アドバンスドナイトロックス バックマウントバージョン
a0104720_21573033.jpg

by namiyoi3 | 2012-12-24 21:59 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)
気になるではないか。

セクシーでクール。ルパン三世に登場する「峰不二子」をイメージしてデザインしたウエットスーツを作りましたとデザイナーから聞きました。

昨日モビーズ&マレスの新商品説明会に行ってきました。

普通、ワンピースのウエットスーツといえば背中ファスナーが一般的だが(昔は違うかったけどね)
今の時代に大胆にフロントファスナーのデザイン。
a0104720_19232786.jpg


うーむ。。。休憩時間なんかに少しだけ前を緩めたりすると・・・・
いかんいかん!なんだかソソラレそうではないか!そういえば峰不二子が「ツナギ」みたいなんを着てるのがイメージしやすいが、これをさりげなく着こなせば、おしゃれかも。

ウエットスーツのブランドとしては、「おしゃれ、かっこいい、モノがいい」というイメージの強いモビーズブランドの製作なので、自信を持ってオススメできそう。

それに、背中ファスナー&フロントショートファスナーの女性用も最近よく売れてるそうでなんだかよさそうだ。船酔いにも楽そうやしね。
a0104720_19243293.jpg




今年はなんだかオススメしやすいモノが結構ある感じがする。

なみよいであたため中の
「高品質でお手ごろに選びやすく買いやすいウエットスーツ企画」もまもなく準備が整います。
我々自身が心から「これええで!」とオススメできるものをメーカーと合作で準備中ですので、峰不二子デザインとともに楽しみにしててくださいね。


マレスからはカーボン製のレギュレータもなんだかかっちょいい。熱伝導率もよくのどが渇きにくそうでかっこよかった。
a0104720_19245896.jpg

by namiyoi3 | 2009-02-18 19:30 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)

初心者の気持ち

新しいことを始める。

それってすっごい冒険なわけで、挑戦なんですよね。

トライ!って、書けば三文字ですけど、すっごくすばらしく尊敬できることでもあります。

なみよいくじらは、新しいことに挑戦しようと始められる方に敬意を表します。
そして大歓迎です。

しかしその初心者の気持ち・・・というものは、期待とそして不安な気持ちがあるものですよね。


わからない世界に行くのですもの。そりゃ不安感はつきものです。

その不安な気持ちの中身をよーく感じてみると

ワタシはペースについていけるのか?
ワタシはできるようになるのか?
ワタシは水の中に入っても大丈夫なのか?

というワタシの不安と

この店は、海できちんと見てくれるんだろうか?
この店は、ボラないだろうか?
この店は、仲間に入りやすい雰囲気なんだろうか?

などなど、いろーんなお店側の不安っていうのもきっとあります。

実はですね、せきちゅうも、はじめは初心者だったわけですが(笑)

やっぱり、自分の目で見て感じて、「信頼できるな」と思った、自分で納得できたからはじめたわけです。

その気持ち、忘れたらあきません。

とはいうものの、もう20年近く前のことですので、

新鮮さとは違う「経験」と「自信」みたいなものを自分ながら感じるわけでございますが、


やっぱり新鮮さはいるな
と思い、「山のぼり」っつーやつをはじめたわけです。

初心者バリバリです。

ワタシは山に登れるのか?
ワタシは途中で動けなくなるのではないか?
ワタシは道に迷わないだろうか?
ワタシは怪我しないだろうか?
ワタシは体力がもつだろうか?


などなど、ワタシ不安たっぷりです。

同時に、つれて行ってくれる方がいらっしゃいました。

なみよいくじらのお客様 なんですが、一週間に2回か3回くらい山に登ってる方で超ベテランです。Mさんです。


Mさんと山でもなじめるのかなぁ
Mさんは山で頼んない俺を見捨てないかなぁ
Mさんに迷惑かけないかなぁ

など、そんな不安もやっぱりいっぱい。

でもやってみようと思いました。


体力もなまっていたのですが、はじめは、少し歩いただけで、
もうクタクタ。

そんな時、Mさんは、
「休憩しよしよーあせらんでいいからねぇ」
「はい、つかれたやろ、はいお水」
「この道はきついからこっちの道でいこうねぇ」

初心者のワタシのペースで行ってくれるわ
フラフラになったときに、気を使ってほしいものを差し出してくれるわ
どっちの道に行っていいかなんかわけもわからんのに、はいこっちやでぇーと
案内してくれるわ、ホンマありがたかったなぁ。

もちろん、イントラ業として、そんな感じでやってたつもりですが、
ホンマに初心者さんの気持ちにがわかってたか?ってゆーたら、
そりゃー山で初心者体感した時のほうがぜんぜん気持ちの奥深さは違いました。

あらためてその気持ち、忘れたらあかんなぁ思いました。

そして山のぼりもベテランになってきたら、Mさんと同じペースでいけるようになるのかもしれません。そうなったらそうなったで、また次の次元の視点で面白さがでてくるかもしれませんね。

Mさんのおかげで、山登りはまったく初心者のワタシでしたが今は「初級者」になりました。

ダイビングはインストラクター暦15年になりますが、あらためてMさんの上手な手ほどきに、(手ほどきのテクニックというか、根底は思いやりの気持ちなんですね)
ワタシ、心が洗われ、そして山はええで!というMさんの思いが伝わってきて、

もう一度自分の「インストラクターとして」というのを考えてみました。

この気持ちを忘れずにもう一回初心に戻って、ダイビングのインストラクションをそしてお店をもう一度お客様の身になってやってみようと思いました。

Mさんありがとうございます。
by namiyoi3 | 2009-01-10 01:47 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)
ながったらしいタイトルになってしまったが、スクーバダイビングというのは、とにかくとにかく、とにもかくにも、気持ちよくって面白くって・・・というのは前回に書いたが、誰でも気軽にホイ!っとうわけにはいかない。
ゆーなれば自動車にまったくの初心が乗るには、教習所に通って練習して、ということになるわけだけど、たとえば、自転車!とか、しかもコマ付きなんかだと、ちょこっと教えてもらうだけで結構簡単に乗れちゃうものだ。

スクーバダイビングとスノーケリングは、そういう感じの違いともいえるのではないだろうか。


11月28日に、大阪府スノーケリング協会の理事会があった。
a0104720_8225026.jpg


写真は食事中ではあるが、この食事の前にはきっちりとした理事会を開催し、さて、どのようにして活動していくかなどが議長から議題の報告提案があり、可決され無事終了した。


さて、そのスノーケリングであるが、スクーバに比べ非常に簡単である。
マスクを付け、スノーケル・フィンを使い気楽に気軽に水中の世界を垣間見ることが出来る。

そういった意味ではスノーケリングを楽しみ、経験があって、海の世界を知り、もっと知りたいということで、それからスクーバに移行する人もいる。

もちろん、スノーケリングをまったくやったことがない人が、スクーバを始める人のほうがいまやはっきりいって多い。

ダイビングを本格的に始めよう、という人はまずは体験ダイビング、という順序が一般的であるが、ひょっとして、スノーケリングから気楽に始めてみるのもいいのではないだろうか?

もっというなれば、スクーバダイビングをまったくする気がなくとも、もしくはスクーバダイビングをまったく別のものと考えていたとしても、いうなれば、スノーケリングは、スクーバの前段階だという考えがなったくなく別個のものだとしても、気楽さという面では極めて快適な遊びである。

そう、だから、スノーケリング。水中が見れて、生き物と戯れ、自然を満喫できる遊び、スノーケリング。それを広めて海を楽しむ人が増えたらいいな。そうやって人生を豊かにできる人がいたらいいな、というのが、本会の目的です。

と同時に、安全性の確立であります。

気楽・気軽ということは、マスク・スノーケル・フィンだけかって、さっと海に行っちゃえるのであるが、されとて自然の海。海を侮る人に海は厳しい。

ライフジャケットやウエットスーツなど浮力体を着用せずおぼれたり、足がつったり、沖に流されたり、スノーケルクリアができずに、水を飲んでしまいおぼれるというような事故が結構多い。
もちろん気楽さゆえに酒を飲んで泳ぎに行っちゃっておぼれちゃうなんてこともある。

うむ
それは由々しき問題でありまして、スノーケル希望者と、海をつなぐ橋渡し的な人がいるであろうということで、大阪では、「大阪府スノーケリング協会」ということで、やってるわけです。


健全な普及が必要であるので、需要の受け皿になるところに起こりえるリスクのわりに、ビジネス面がいまいちあってないので、まだまだ発展途上ではありますが、広めたい、だけれどもまずは事故はなくしたほうがいい。

そのためにはいろんな方策があるだろうが、ちまたに気楽にスノーケリングを教えてくれる人がいるという世界をつくるのが近道な気がする。
自分的にはお友達には必ずいる。くらいがイメージです。学校だとするとクラスに4-5人?もっとかな。


なみよいでは、今年スノーケルインストラクタートレーニングで、今年13名の方々が認定されました。彼らの活躍がこれから期待されます。

あなたもやってみませんか?Ci公認「スノーケリングインストラクター」
今ならOWダイバー以上なら受付OKです。
(まだノンダイバーの方はスノーケルインストラクターのトレーニングは受け付けていません)
a0104720_8372689.jpg


あったか温水プールで、2月に開催予定です。
by namiyoi3 | 2007-12-04 08:40 | これからダイバー | Trackback | Comments(0)