ダイビングスクールなみよいくじら(www.namiyoi.com)のせきちゅうが、ダイビングのことについてうんちく好き勝手語っちゃいます。不定期ですのであしからずご了承ください。


by namiyoi3
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2008年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

スタッフ研修の巻

年末・正月明けを利用して、なみよいを演出するスタッフで研修を行ってきました。
座学・プール・そして海。行ってきました。

個性はもちろん必要であって独自性は最大限広げていく必要があるが、同時にスタッフによって指導内容や安全性が変わるのは問題やしね。


またスタッフ自身がステップアップしていかないのに、お客さんにステップアップを進めることということがまかりとおっては、いうなれば、そんなものは口先だけで伝えたいことは伝わりませんしいまいちやしね。うそ臭いショップにはなりとうございません。


われわれ自身が実際にステップアップして、だからこそ得た活動範囲の広がりだとか視野の広さだとか感動だとかを、伝えていくのにも、そして人間誰しも、新鮮さは必要であるわけで、そのリフレッシュした視野だとか活動だとか、もちろんあらたな知識だとかを、自身が得て初めて人に伝えれるものでもあるのではと思うわけです。


そういったことで、行って来た訳ですが、だからといって、
「おもろない」研修をしていては、超最悪。そんなものだれだっていややし。

そんなことでだれが感動を伝えれるか?そりゃ無理って言うものです。

だから、研修とはいえ「おもろい」研修のほうが身につくやん。
というのが、ぼくの持論ですが、

だけど、真剣みがないようでもあかんし。

可能性や視野の広がり、新鮮さ、安全性の向上、サービスの向上、楽しみを増やす、
より高品質な講習・ツアーなどを目指して行った。

これもまた全員の一致やから素敵やわ。


それは講習一つとっても
たとえばAスタッフはこうやって教えてくれたのに、Bスタッフは、ここが抜けていた、
では、個人商店の集まりになってまうし、顧客不満足につながってしまう。

統一の規準は何かしら必要であって、そして個々の個性を最大限光らせてやりたいものでありまする。


あれ?なにやらたいそううんちく並べてますねー?まー戯言だと思ってください(^^♪


とにもかくにも、お店閉めさせてもらってみんなでお勉強しました。

a0104720_23342681.jpg


宿題もてんこ盛りでみんなめっちゃがんばりました!

a0104720_23361124.jpg


プールでもレスキュートレーニングから講習の仕方まで、われわれもちろん講習経験はありますがあらためて、アップデートしました。
ふむふむ、なるほど、そりゃあたらしい考え方やね、などと関心もありありで、新鮮さもするするするーっとインプット。

今までのCMASの考え方+自分の考え方+教育心理学で培ってきたノウハウにプラスして
あらたにDSATで考えられた指導心理学がベースの考え方をインプットできて、なにやらとってもとってもアップデートできた気分です。んーいい感じ♪

最終日は海で行ったのですが、カメラを忘れてしまい、写真がないのは残念ですが、スタッフ同士の溺者曳航トレーニング及び規準の一致では、波が立ってきた環境で、普段見られない真剣な表情が、いやまじでたくましくてみんなかっこよかったです。写真はないけれど、まぶたに焼き付いています。

a0104720_23452268.jpg


まいっこ、ぱぴー、こたーにゃ、もきちお疲れ様でした。

そしてご協力いただいたPADIのスタッフの皆様、現地サンマリンそして施設提供いただいた皆様、ありがとうございました。

さぁて、これからが楽しみですわん(^^♪
by namiyoi3 | 2008-01-20 23:55 | ダイバー向け | Trackback | Comments(0)